2010/08/22

Rails 3 とGoogle Chart APIを使って7分で、、、に10分で検索機能をつけるよ

WEB+DB PRESS Vol.58 の Rails 3 の記事を参考にしながら、「Rails 3 とGoogle Chart APIを使って7分ぐらいで発現データベースを作るよ」に検索機能を付けます。

今回は少し Rails 3 っぽいところが出てきます。Rails 3 から採用されたコアライブラリ ActiveModel を使って検索機能を追加しています。ActiveModel は簡単に言うと、ActiveRecord のなかで汎用性の高い部分を取り出して抽象化した、ということだと思います。これで、ActiveRecord のインターフェイスから切り離されて、モデル層に共通したアクセスができるようになりました。今回はこれを使って、検索用のモデルを作成します。

あと model を scope に変換しているところが Rails 3 らしいのだと思います。



やっぱり途中で切れた><



もう後半。バグ出しまくりwww もう面倒くさいのでそのままアップするよw 一発録りなので勘弁してください><

気力が残っていたら Ajax 化も録画するかも...