2008/11/13

これ、このあと、どうすっかな?

息抜きで作り始めたが結構楽しい。今後はどんな感じにするかな。
#実験デザインの情報を設定ファイルに追い出して、データに対する汎用性を上げる。これがタフだが一番大事。
#流行りぎみののユーザサイドアノテーションに対応。これはすぐできそう。
#==テンプレートの継承を使って各ページに重複しているデザインの部分を分離する== 実装終了
#共発現をもうちょいましにする?
##そもそも全データで動くのか。
##memcache っておいしいの?
##じゃ最初からRあたりで計算して格納しておけばいいじゃない。それは言わないおやくそく><
##ほかの統計量を使えるようにする
##データポイントを選んで計算できるようにする
##もっとデータポイントが多いデータにかえなきゃな
##ソート、YUIあたりでやりたい
##共発現遺伝子の結果はクラフもリストされていてほしい。むしろヒートマップ。ヒートマップをGoogle Chart APIでは書きたくない><
#ウェブサービスっぽいの。Google っぽく発現量をatomとかで返すの。すぐできそう。
#地味にログ作成とか。これもすぐできそう。
#よそのweb service とかつかって annotation をがんばる
#ユーザ認証があったほうがうけるだろうな。すぐできそう。
#Pythonでユニットテスト書くにはどうすんの?
#GAEはどのぐらいで課金対象になるの?
#Python Tutorialを最後まで読む
#GAEに関する情報が自動的にはいってくるようにする
##==関連ブログ・ニュース・コミュニティを探す==
#Template Engineのfilter機能のところを網羅的に読む
#かっちょいい名前を考える。これ一番大事。名前重要